企業情報

奥凱航空有限公司は中国では珍しい完全民営航空会社です。当社は中国民用航空局の認可のもと2005年3月11日に運航を開始いたしました。

  

中国北京に本社を置き、天津、湖南、陕西に3つの支社を設置、天津、長沙、西安に3箇所の運用基地を設けております。

  

2016年2月17日に当社会長の王樹生とボーイング民間航空機最高経営責任者 のRay Conner氏は、シンガポールで開催された航空機展示会で、ボーイング737型機12機の発注契約を締結しました。その中には中国の航空会社では初となる737MAX-9型機も含まれており、当社は中国国内で初となる737MAX-9型機ユーザー航空会社となります。

  

2016年11月現在、運用機は21機(B737型旅客機20機、B737型貨物専用機1機)となり、国内、国際路線は累計100便以上を運航。旅客人数は2,000万人を超えています。

  

現在、当社の総資産は70億元、年間売上は30億元以上と成長してきた航空運送企業です。経営範囲は国内(香港、マカオ、台湾を含む)旅客輸送及び貨物運送事業をはじめ、中国周辺国への国際旅客輸送及び貨物運送事業を展開し続けており、「北京市重点総部企業名目」にも選ばれました。

  

当社の5か年計画には、中国において最も優秀な航空運送事業者となるための目標と、10年の以内に世界レベルでの航空企業の先端に立つため邁進してまいります。